2008年11月26日

車屋 別館(くるまやべっかん)(新宿3丁目)

チキングリエセット ¥1,100-
オススメ度:★★★★☆(4.5)


「いらっしゃいませ〜」

こちらのお店は接客がやばい!(すごい)です。

・上着に臭いが付かないように専用のクローゼットに入れてくれます。

・食べるとき服が汚れないように、紙エプロンをかけてくれます。

・店員さんはメチャメチャ気配りがききます。


大切な知人とのランチには、おさえて置きたいお店です!




IMG_0643.jpg

お店にはブルジョア階級の方も数多くお見えになられます。

隣のお客様情報
(社長)70歳くらい、店員さんには「先生」と呼ばれていた。
(愛人)50歳くらい、花田憲子さん風
    ※ほんとうに愛人かどうかは分かりませんあせあせ(飛び散る汗)

(社長)え〜と、なんとかコースをお願い。
    それと、タラバ焼いて。
    それから、八海山(日本酒)とワイン(えっ!お酒!)

(愛人)お土産に銀鮭の詰め合わせをちょーだい。

次から次へと高級食材を注文してました、お昼からお酒も飲んで
あ〜うらやましーです。
「隣の席のよしみで、お裾分けなんてないかな〜あせあせ(飛び散る汗)

という事で、「格差社会」を感じた本日のランチでしたあせあせ(飛び散る汗)


日本語の勉強(備忘録)
※「よしみ」=親しいつきあい
※「お裾分け」=もらいものや利益を、さらに他の者に分け与えること。
由来:「裾」は衣服の下端部分。
そこから襟でも袖でもなく、主要でない末端のものの意味を表した。
「つまらないものですが…」と言って贈り物をする、日本人的発想から生まれた言葉。


IMG_0644.jpg



六角形の「キッチンスタジアム」の中にシェフが1人

コテをもってキーンキーンって、目の前の鉄板で調理してくれますexclamation×2

シェフの帽子はメチャメチャ長いです。

<帽子の長さについて>
リーガロイヤルホテルでは、管理職は40p、それ以外は30pですが、これは客の前に出る時だけで、普段は調理がしやすいように紙製の帽子を被るそうです。

ふ〜ん目



チキンがやわらかい
ガーリックがきいていてウマイexclamation×2

IMG_0647.jpg

IMG_0649.jpg




大きな地図で見る


大きな地図で見る

東京都新宿区新宿3-21-1





posted by hirunabi at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 新宿ランチ@洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。